明日の健康社会を支える、興和の製品

menu
明日の健康社会を支える、興和の製品

明日の健康社会を支える、興和の製品

エバステルAL

ブランドサイトへ
添付文書・説明文書

製品情報

特長

- 特長1

アレルギー性鼻炎の症状は、花粉やハウスダストなどを吸い込んだときに、アレルギー誘発物質(ヒスタミン等)が体のなかで放出されることで起こります。


エバステルALは、このアレルギー誘発物質の作用を阻害し、さらにその放出を元から抑えることで、アレルギー性鼻炎の症状に優れた効果を発揮します。


このお薬は、鼻みず、鼻づまり、くしゃみを主な特徴とするアレルギー性の鼻炎症状に効果をあらわします。

- 特長2

エバステルALは、「1日1回、1回1錠」の服用で効果が持続するお薬です。


就寝前に服用すると翌日の夜まで効果が持続します。飲み忘れた場合は、服用間隔を24時間あければ就寝前でなくても服用可能です。


個々の生活習慣や生活環境、社会環境などが一様でないため、アレルギー症状は症状の重さやタイミングを予測しづらいのが現状です。エバステルALは、このような予測しづらい症状に対応できますし、薬を携帯する必要もありません。

- 特長3

眠くなりにくく、口のかわきが起こりにくいという特徴をもっています。


※花粉などの季節性のアレルギー性による症状に使用する場合は、症状の軽い早めの時期からの服用がより効果的です。


 

効能・効果

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:鼻みず、鼻づまり、くしゃみ

用法・用量

下記の量を就寝前に水又は温湯で服用してください。

年齢 1回量 1日服用回数
成人(15歳以上)1錠1回
15歳未満の小児服用しないこと

成分・分量 1錠中

成分名 分量 働き
エバスチン5mgアレルギーによる鼻水、鼻づまり、くしゃみの症状を改善します。

添加物

乳糖、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースCa、ステアリン酸Mg、無水ケイ酸、ヒプロメロース、マクロゴール、酸化チタン、タルク

価格・サイズ・JANコード

包装単位 希望小売価格(税抜) JANコード 個装サイズ
(幅×奥行き×高さ)mm
6錠1,400円120×22×60mm
12錠2,000円120×22×60mm

ラインアップ

エバステルAL

アレルギー発症を元から抑えることで、アレルギー性鼻炎の症状に優れた効果を発揮します。1日1回1錠の服用で、1日中効き目が持続します。

包装単位

6錠

12錠

取扱説明書 取扱説明書 取扱説明書 取扱説明書 取扱説明書

エバステルのラインアップ

OTC医薬品に関するお問い合わせ

エバステルAL

効能・効果

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:鼻みず、鼻づまり、くしゃみ

用法・用量

下記の量を就寝前に水又は温湯で服用してください。

年齢 1回量 1日服用回数
成人(15歳以上)1錠1回
15歳未満の小児服用しないこと

成分・分量 1錠中

成分名 分量 働き
エバスチン5mgアレルギーによる鼻水、鼻づまり、くしゃみの症状を改善します。
添加物
乳糖、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースCa、ステアリン酸Mg、無水ケイ酸、ヒプロメロース、マクロゴール、酸化チタン、タルク

価格・サイズ

包装単位 希望小売価格(税抜) JANコード 個装サイズ
(幅×奥行き×高さ)mm
6錠1,400円120×22×60mm
12錠2,000円120×22×60mm

使用上の注意

使用上の注意はPDFファイルにてご確認ください。

してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

1.次の人は服用しないでください

(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。

(2)15歳未満の小児。

2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください

他のアレルギー用薬(皮膚疾患用薬、鼻炎用内服薬を含む)、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、催眠鎮静薬等)

3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください

(眠気等があらわれることがあります。)

4.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください

(動物試験で薬剤の乳汁中への移行が認められています。)

5.服用前後は飲酒しないでください

相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

(1)医師の治療を受けている人。

(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。

(3)高齢者。

(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。

(5)次の診断を受けた人。 肝障害、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎

(6)アレルギーによる症状か他の原因による症状かはっきりしない人。

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師又は薬剤師に相談してください

関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ
消化器 吐き気・嘔吐、胃部不快感、腹痛、舌炎
精神神経系 めまい、不眠、頭痛、だるさ、しびれ感
循環器 動悸、血圧上昇
泌尿器 排尿困難、頻尿、尿糖
その他 むくみ、ほてり、鼻腔内乾燥、胸部圧迫感、体重増加、月経異常、脱毛、味覚異常

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

症状の名称 症状
ショック(アナフィラキシー)

服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。

肝機能障害

発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。

 

3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、添付文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
 ロのかわき、眠気、下痢