なぜ痛みに効くのか?

バンテリンコーワは
なぜ痛みにしっかり効くのか?
その秘密を紹介!

バンテリンコーワは、なぜ痛みに効くのか?

筋肉の疲労をはじめ、筋肉や関節に刺激(異常)が起こると
体内で痛みや炎症の元となる物質(プロスタグランジン)が作られます。

なぜ痛みに効くのか? イメージ図

バンテリンコーワの有効成分であるインドメタシンは、炎症を抑え、鎮痛作用のある成分です。
炎症を引き起こすプロスタグランジン(PG)の発生を阻害することにより、炎症を鎮め、痛みやはれに優れた効果を発揮します。
1980年に世界で初めてインドメタシンを皮膚から痛みの患部に直接浸透させることに成功させた興和は、
インドメタシンの効きめを活かして、ご使用の目的・利便性に着目しつつ製品展開をしています。

繰り返す肩こり痛や腰痛の悪循環に「インドメタシン」と「トコフェロール酢酸エステル」で対処!

繰り返す肩こり痛や腰痛の悪循環に「インドメタシン」と「トコフェロール酢酸エステル」で対処! イメージ図

痛みに2つのアプローチ

筋肉痛・関節痛など熱感を伴う痛みに肩こり痛・腰痛などこりのある痛みに

バンテリンコーワ EXシリーズの使い分け

バンテリンコーワ EXシリーズの使い分けイメージ表