エルペインコーワ 張りすぎちゃう女子たちの3つのストーリー いつだって、心も体もベストな自分でいたい。でも、現実はうまくいかない日もたくさんあって…例えば、毎月の生理の日もそう。真面目でしっかりものの女性ほど、一人でつらさを抱えて頑張りすぎてしまうことも。高校生・大学生・社会人……それぞれのライフステージに立つ3人のストーリーから、生理との付き合い方を考えてみました。

Episode1 勉強も行事も本気を出し切る!全力高校生の一日

得意科目は英語!試験でちょっとでもいい点を取れるように頑張ってるけど、生理だと気持ちも不安定になって、やる気がなくなっちゃう。

年に一度の体育祭は、練習に気合が入る!生理が重なるとだるいし動きづらくて、いつもみたいに活躍できないのが悔しいな…。

『サークル活動で遠出する時に』『文化祭の準備で放課後まで残る日に…』『部活動の大事な試合で…』

Episode2 勉強・サークル・就職活動。全部やり遂げたい欲張り大学生

大学生活は全部を楽しみたい!サークルが忙しい時期には、朝までかけて会議や準備をすることも。生理で腹痛が重なると友達にも心配されちゃうからイヤだな。

就活の面接では、本当は一番良い自分をアピールしたいのに、体調が普段通りじゃなくてうまく話せなかったことも…。

『サークル活動で遠出する時に』『友達との温泉旅行でハジけたい日に……』『バイトの長時間シフトで立ちっぱなしの日に…』

Episode3 責任感が強いからこそ、頑張り過ぎちゃう社会人

任された仕事は責任を持ってやり遂げたい。でも、生理の日は通勤するだけで一苦労…。

デスクワークで座りっぱなしの日も、プレゼンで立ちっぱなしの日も、それぞれ違うしんどさがあります。環境で体調が変わりやすいから、出張があったときにもし生理が来たら…心配。

『朝から満員電車に揺られて…』『大事なプレゼンがある日に…』『細かいデータ整理で集中力を使う時に…』

3人のEpisodeをもっと知りたくなったら…

3人のEpisodeをもっと知りたくなったら…

本当はつらいのに、つい頑張りすぎてしまう…
そんな経験はだれにでもあるもの。
3人それぞれの立場から、生理の悩みを打ち明けてみたら…?

女性同士でもなかなか話せない生理の悩みを語ってもらいました。

毎月やってくるつらい日、ガマンしないでほしいから。日本で唯一※の生理痛専用薬『エルペインコーワ』(第②類医薬品)

詳しくはこちら

<効能・効果>生理痛(主に、軟便を伴う下腹部の痛みがある場合)
※2020年4月現在(OTC医薬品において)