USBドライバの再インストール方法

Windows VistaへのUSBドライバの再インストール方法

⇒64ビット版Windows 7、Vistaでマドンナライフまたはマドンナを使用するためには、最新バージョンにアップデートする必要があります。
詳しくは、「お客様サポート」→「マドンナライフ・マドンナの64ビット版Windowsへの対応について」をお読みください。

※Windows Vista(64ビット版)はマドンナのバージョンが3.26以降のみ対応しています。

(参考)自分の使用しているパソコンが32ビット版Windowsか64ビット版Windowsかわからない場合は、こちらを参考に、確認を行って下さい。   ⇒Windows Vista

    お手元のマドンナCDのバージョンにより操作が異なります。→マドンナCDのバージョンの確認方法

    ◇マドンナCDのバージョンが3.2x以降
    ◇マドンナCDのバージョンが3.0x以降
    ◇マドンナCDのバージョンが2.50以降

ここで説明するインストール作業は、USBマドンナのインターフェースをパソコンに接続しても認識しない 「新しいハードウェアの検出ウィザード」が表示されない場合の方法です。


マドンナCDのバージョンが3.20以降の場合

 →3.0x以降の場合はこちら →2.5x以降の場合はこちら

⇒64ビット版Windows 7、Windows Vistaをご使用の方は、こちら

  1. パソコンを起動します。起動中のプログラムが有れば、全て終了させておいて下さい。
    ウィルスチェックなどの常駐ソフトがありましたら必ず終了させてください。
  2. 「スタート」-「コントロールパネル」をクリックします。
  3. 「プログラムのアンインストール」をクリックします。
  4. インストールされているソフトの一覧が表示されますので、「Madonna Drv V3.xx」(xxはバージョンによって異なります)をクリックして反転表示状態にします。

  5. 「アンインストールと変更」をクリックします。

  6. ユーザーアカウント制御が表示されましたら、「続行」をクリックします。
  7. アンインストールの開始画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。

  8. 下記の確認画面が表示されたら、パソコンにマドンナインターフェース本体が接続されていないことを確認して「はい」をクリックします。

  9. ドライバのアンインストールの完了画面が表示されますので、「終了」をクリックします。

  10. パソコンを再起動します。起動中のプログラムが有れば、全て終了させておいて下さい。
    ウィルスチェックなどの常駐ソフトがありましたら必ず終了させてください。
  11. マドンナライフのインストーラを起動します。

    「電子基礎体温帳 マドンナライフ」のCD-ROMからの場合

    1. 「電子基礎体温帳 マドンナライフ」のCD-ROMをパソコンのCDドライブにセットします。
    2. 自動再生ウィンドウが表示されましたら、「setupMenu.exeの実行」をクリックします。

    マドンナライフのCD-ROMを入れてもインストール画面が表示されない場合
    1. スタートボタンの上でマウスの右ボタンをクリックします。ポップアップメニューが表示されますので、エクスプローラ(X)の上で左ボタンをクリックします。

    2. エクスプローラが起動しますので、左のフォルダ欄をスクロールさせ、CD-ROMが入ったドライブを探します。

    3. CD-ROMが入ったドライブをクリックすると、右側にファイル一覧が表示されますので、「setupMenu」(お客様の環境によっては「setupMenu.exe」と表示される場合もあります。)をダブルクリックします。

    ホームページより「電子基礎体温帳 マドンナライフ」「基礎体温管理ソフトマドンナ」の最新版をダウンロードした場合

    1. ダウンロード後、解凍して作成された「MadonnaVxxxJpn」(xxはバージョンによって異なります)フォルダをダブルクリックします。
    2. エクスプローラが開きファイル一覧が表示されますので、「setupMenu」(お客様の環境によっては「setupMenu.exe」と表示される場合もあります。)をダブルクリックします。

  12. ドライバをインストールするフォルダを選択します。「推奨フォルダ(C:\Program Files\MadonnaJpn)」を選択して「次へ」をクリックします。

    ※通常はドライバをインストールするフォルダは推奨フォルダを指定しますがドライバのインストール先を変更したい場合はこちらを参照してください。
    ドライバのインストール先を変更したい場合
    1. 事前にドライバをインストールするフォルダを作成しておきます。
      ここでは事前に「MadonnaProgram」というフォルダを事前に作成した例です。
    2. 「フォルダを指定する」を選択して「次へ」をクリックします。

    3. 「フォルダの参照」画面が表示されます。インストールするフォルダを一覧から選択し「OK」をクリックします。

  13. ドライバインストールの開始画面で表示されているドライバインストール先のフォルダ名が指定したフォルダと一致していることを確認したら、「次へ」をクリックします。

  14. 「Windowsセキュリティ」画面が表示されましたら、「このドライバーソフトウェアをインストールします」をクリックします。

  15. ドライバインストールの完了画面が表示されますので、「終了」をクリックします。

    ※「Madonna Drv V3.00のインストールが失敗しました。(99)」と表示された場合

    ご使用中のパソコンのWindowsが64ビット版の可能性があります。

    ■こちらを参考に、確認を行って下さい。

    Windows Vista

    ⇒64ビット版Windows 7、Vistaでマドンナライフまたはマドンナを使用するためには、最新バージョンにアップデートする必要があります。
    詳しくは、「お客様サポート」→「マドンナライフ・マドンナの64ビット版Windowsへの対応について」をお読みください。

  16. パソコンのUSBポートとインターフェース本体を付属のUSBケーブルで接続します。
  17. デスクトップ右下のタスクバーに「デバイスドライバソフトウェアをインストールしています」と表示されます。

  18. そのまま待機します。
  19. 「デバイスドライバソフトウェアが正しくインストールされました」と表示されましたらインストール完了です。

    ※「デバイスドライバーソフトウェアは正しくインストールされませんでした。」と表示された場合

    ご使用中のパソコンのWindowsが64ビット版の可能性があります。

    ■こちらを参考に、確認を行って下さい。

    Windows Vista

    ⇒64ビット版Windows 7、Vistaでマドンナライフまたはマドンナを使用するためには、最新バージョンにアップデートする必要があります。
    詳しくは、「お客様サポート」→「マドンナライフ・マドンナの64ビット版Windowsへの対応について」をお読みください。

マドンナCDのバージョンが2.50以降の場合

 →3.2x以降の場合はこちら →3.0x以降の場合はこちら

⇒64ビット版Windows 7、Windows Vistaをご使用の方は、こちら

  1. パソコンを起動します。起動中のプログラムが有れば、全て終了させておいて下さい。
    ウィルスチェックなどの常駐ソフトがありましたら必ず終了させてください。
  2. 付属の基礎体温管理ツールマドンナのCDをセットします。
  3. パソコンのUSBポートとインターフェース本体を
    付属のUSBケーブルで接続します。
  4. 「スタート」-「コントロールパネル」をクリックします。
  5. 「システムとメンテナンス」をクリックします。

  6. 「システム」をクリックします。

  7. 「デバイスマネージャ」をクリックします。

  8. ユーザーアカウント制御が表示されますので、「続行」をクリックします。
  9. 「デバイスマネージャ」が開きます。
    「USB Madonna Interdace Box」の上でマウスの右ボタンをクリックをするとメニューが開きますので
    「削除」をクリックします。

  10. デバイスのアンインストールの確認画面が表示されます。
    「このデバイスのドライバソフトウェアを削除する」にチェックマークをつけ、「OK」をクリックします。

  11. パソコンに接続されたインターフェース本体を外します。
  12. パソコンを再起動します。
  13. パソコンのUSBポートとインターフェース本体を付属のUSBケーブルで接続します。
  14. 「新しいハードウェアが見つかりました」ウィンドウが表示されます。
    「キャンセル」をクリックします。

  15. 「デバイスマネージャ」を開きます。
    「不明なデバイス」の上でマウスの右ボタンをクリックをするとメニューが開きますので
    「ドライバソフトウェアの更新」をクリックします。

  16. 「ドライバソフトウェアの更新―不明なデバイス」ウィンドウが開きます。
    「コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索します」をクリックします。

  17. 「コンピュータ上のドライバソフトウェアを参照します」ウィンドウが開きます。
    「参照」をクリックします。

  18. 「フォルダの参照」ウィンドウが開きます。
    CDドライブ内―「プログラム_XP」フォルダ―「DIFxXP」フォルダの順に選択します。「OK」をクリックします。
    この例はCDドライブがD:に配置されている例です。お客様のPC環境によっては配置位置が異なる場合があります。
  19. 選択されたフォルダが記載されていることを確認し、「次へ」をクリックします。

  20. 「Windowsセキュリティ」画面が開きます。
    「このドライバソフトウェアをインストールします」をクリックします。

    ドライバのインストール画面が表示されます。しばらくお待ちください。

  21. ドライバのインストール完了画面が表示されます。「閉じる」をクリックします。

マドンナCDのバージョンが3.0x以降の場合

 →3.2x以降の場合はこちら →2.5x以降の場合はこちら

⇒64ビット版Windows 7、Windows Vistaをご使用の方は、こちら

  1. パソコンを起動します。起動中のプログラムが有れば、全て終了させておいて下さい。
    ウィルスチェックなどの常駐ソフトがありましたら必ず終了させてください。
  2. 「電子基礎体温帳 マドンナライフ」のCD-ROMをパソコンのCDドライブにセットします。
  3. パソコンのUSBポートとインターフェース本体を
    付属のUSBケーブルで接続します。
  4. 「スタート」-「コントロールパネル」をクリックします。
  5. 「システムとメンテナンス」をクリックします。

  6. 「システム」をクリックします。

  7. 「デバイスマネージャ」をクリックします。

  8. ユーザーアカウント制御が表示されますので、「続行」をクリックします。
  9. 「デバイスマネージャ」が開きます。
    「USB Madonna Interdace Box」の上でマウスの右ボタンをクリックをするとメニューが開きますので
    「削除」をクリックします。

  10. デバイスのアンインストールの確認画面が表示されます。
    「このデバイスのドライバソフトウェアを削除する」にチェックマークをつけ、「OK」をクリックします。

  11. パソコンに接続されたインターフェース本体を外します。
  12. パソコンを再起動します。
  13. パソコンのUSBポートとインターフェース本体を付属のUSBケーブルで接続します。
  14. 「新しいハードウェアが見つかりました」ウィンドウが表示されます。
    「キャンセル」をクリックします。

  15. 「デバイスマネージャ」を開きます。
    「不明なデバイス」の上でマウスの右ボタンをクリックをするとメニューが開きますので
    「ドライバソフトウェアの更新」をクリックします。

  16. 「ドライバソフトウェアの更新―不明なデバイス」ウィンドウが開きます。
    「コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索します」をクリックします。

  17. 「コンピュータ上のドライバソフトウェアを参照します」ウィンドウが開きます。
    「参照」をクリックします。

  18. 「フォルダの参照」ウィンドウが開きます。
    CDドライブ内―「プログラム_DRV」フォルダ―「DIFxXP」フォルダの順に選択します。「OK」をクリックします。
    この例はCDドライブがE:に配置されている例です。お客様のPC環境によっては配置位置が異なる場合があります。
  19. 選択されたフォルダが記載されていることを確認し、「次へ」をクリックします。

  20. 「Windowsセキュリティ」画面が開きます。
    「このドライバソフトウェアをインストールします」をクリックします。

    ドライバのインストール画面が表示されます。しばらくお待ちください。

  21. ドライバのインストール完了画面が表示されます。「閉じる」をクリックします。