ガマンしなくていいんだよ あの、ツライ生理痛に。 生理痛専用薬 エルペインコーワ 生理痛の仕組み~薬の働き

生理痛の原因

生理前になると、不要になった子宮内膜を体外に押し出すために、子宮内膜でプロスタグランジン(以下PG)が産生されます。PGが過剰に産生されると、子宮が強く収縮します。このPGによる子宮の過度な収縮が生理痛の主な原因です。
また、PGが血液中に入ると、腸管の収縮を引き起こすため、これらも生理痛の原因となります。腸管の収縮が起こると、軟便を伴う下腹部の痛みも起こりやすくなります。

有効成分と薬の働き

イブプロフェン→原因物質の産生の抑制

イブプロフェンは、痛みのもととなるPGの過剰な産生を抑える作用があります。 これにより、PGによる子宮の過度な収縮を抑えます。

ブチルスコポラミン→下腹部の収縮の抑制

ブチルスコポラミン臭化物は、子宮や腸管の過度な収縮を抑えます。

このWの有効成分が「痛みのもと」と「痛いところ」に直接作用するため、生理痛に速く、よく効きます。

エルペインについてのQ&Aを見てみる?
go top