基礎体温でわかること

基礎体温について

基礎体温の変化・リズムを知ることは、妊娠の計画や不妊治療、健康管理には欠かせない重要なものです。
基礎体温とはどんなものなのか、基礎体温でなにがわかるのか、基礎体温と身体との関係を理解することで、
妊娠の計画や不妊治療、健康管理、ダイエット、美容などに役立てることができるのです。

基礎体温って何?

基礎体温ってどんなもの?

人間が一定時間安静を保った後に、安息の状態で測った体温を「基礎体温」といいます。
女性の基礎体温はホルモンの働きにより、生理日、排卵日を境に高温期と低温期の2相性のグラフを描くのです。
排卵のある女性の基礎体温は、一般的に、基準体温を境にして、生理が始まった日から排卵日までは低温期が続き、排卵日を境に体温は0.3℃~0.5℃上昇し高温期となります。
そして約2週間後に再び体温は低下して生理になるのです。

規則正しく排卵のある女性の基礎体温には一定のリズムがあります。

基礎体温のグラフ

基礎体温の測り方

基礎体温の測定に大切なことは
「十分な睡眠をとった後」
「目覚めたらすぐ」に
「起き上がったり動いたりせず」に測定することです。
起き上がったり動いたりすると体温が上昇してしまい正確な基礎体温が測れませんので注意しましょう。
基礎体温専用の体温計を使いましょう。
基礎体温の変化は0.3℃~0.5℃と非常に微妙なため通常の体温計では変化が良くわかりません。
必ず小数点2桁まで測定できる、基礎体温専用の体温計を使いましょう。
また、予測式の体温計では微妙な体温を正確に測ることは難しいため
できれば実測式の体温計を使用した方が良いでしょう。
測定したら忘れないようにメモしましょう。
数値だけでなく、グラフにしてみると基礎体温の変化がわかりやすいのでオススメです。
基礎体温の測定は口の中の舌下で行いましょう。
プローブ(測温部分)の先端を舌の下にある筋にあてて軽く口を閉じます。
こうすることにより外気との接触による体温の変化を防ぐことができます。
耳、わきの下などは、微妙な変化を測定する基礎体温測定には向いていません。
妊娠について